スポンサーリンク
トナーダ(Tonada)

混同されやすいチリ音楽!? 「クエカ」と「トナーダ」の2つの違いについて

クエカとトナーダはどちらもチリの代表的な音楽であり、リズムもとてもよく似ていることから、混同されやすいです。そこでクエカとトナーダの主な違いを2つ紹介してみました。
トナーダ(Tonada)

ギター中心の静かめな音楽「トナーダ」のおすすめ曲を3曲紹介!

トナーダはギターを中心として演奏される音楽で、静かめで落ち着く音楽が多いです。今回はトナーダのなかでもおすすめな曲を3曲選んで紹介してみました。ぜひ聴いてみてくださいね!
トナーダ(Tonada)

南米5カ国で発展した「トナーダ」の特徴を国別に解説してみた!

トナーダはスペイン発祥の音楽ですが、この音楽は南米へと広がり、各国で発展しました。なかでも発展したと考えられる、アルゼンチン、エクアドル、チリ、ボリビアとベネズエラのトナーダはどのような音楽なのでしょうか?
トナーダ(Tonada)

南米各地で発展した音楽!?トナーダについて簡潔に解説してみた!

トナーダはスペイン発祥とされている、ギターを中心とした踊らない音楽ジャンルで、南米各地で発展した音楽です。以前は女性にのみ演奏、そして歌われていましたが、現在では男性にも演奏されるようになりました。
ボンバ・デル・チョタ(Bomba del Chota)

【超オススメ】エクアドルボンバのおすすめ曲を5曲紹介してみた!

ボンバ・デル・チョタはエクアドルのチョタ渓谷で生まれた音楽ジャンルです。プエルトリコのボンバとは異なり、ギターの音色が特徴的なこのボンバはとてもリラックスできますし、とてもおすすめですよ!
ボンバ・デル・チョタ(Bomba del Chota)

エクアドルの歴史を物語る音楽リズム「ボンバ・デル・チョタ」について紹介!

エクアドルのボンバ、通称「ボンバ・デル・チョタ」はエクアドルのチョタ渓谷周辺で生まれた、アフロ・エクアドル文化の歴史を物語る音楽リズムです。アフロ女性が、瓶を頭に乗せて踊る様子はとても特徴的ですよ。
ボンバ(Bomba)

【徹底比較】ボンバとプレナの3つの違いについて |プエルトリコ音楽

ボンバとプレナはプエルトリコの音楽です。これらはボンバ・イ・プレナ(Bomba y Plena)とひとつの用語として呼ばれることもあるほど、関連性が強く、違いが分かりにくいです。そこで、今回はボンバとプレナの違いについて解説してみました。
ボンバ(Bomba)

プエルトリコの明るいリズム!ボンバのおすすめ曲を3選紹介してみた

ボンバはプエルトリコの黒人の人々の音楽です。ボンバはラテン音楽ジャンルでもありますが、これは同時にリズムも指しており、どれも明るくノリノリなものばかりですよ。
ボンバ(Bomba)

ボンバのスタイル&リズムを地域別にざっくり紹介してみた![プエルトリコ音楽]

ボンバはアフリカが起源のプエルトリコ音楽です。ボンバには、いくつかのスタイルがあり、それぞれが異なった地域や異なったリズムで演奏されます。そこで、今回の記事ではそれぞれのスタイル、その特徴とリズムの例についてざっくりと紹介してみました。
ボンバ(Bomba)

演奏は全て即興!?プエルトリコ音楽「ボンバ」について解説してみた!

ボンバはアフリカ起源のプエルトリコ音楽です。ボンバでは、ダンサーの動きに合わせて、演奏者がドラムを叩かなければいけないことから、即興性が求められている音楽ジャンルだといえます。ダンサーの動きもとってもエネルギッシュなので見ているだけで元気をもらえますよ!