【超有名レゲトン歌手】カロルGについて詳しく解説してみた!

Reggaetón レゲトン(Reggaeton)

こんにちは、Ponmigo(ポンミーゴ)です。

このブログでは、ラテン音楽とラテンダンスについて紹介しています。

 

「カロルG」って誰?

おすすめのレゲトン歌手が知りたい!

カロルGのおすすめ曲は?

今回は、レゲトン歌手としてとても有名なカロルGについて紹介します。

 

この記事を読むことで、カロルGはどのような歌手なのか、そしておすすめ曲はどれなのかなど、カロルGに関することが分かります。

 

カロルGはレゲトンの代表的な歌手!?

まず、カロルGはどのような人物なのか紹介しますね。

 

カロルG(Karol G)は主にレゲトン(Reggaetón)ラテン・トラップを歌う、コロンビアの代表的な歌手です。

彼女は、ラテン音楽ランキングでトップを走っており、トレンドともなっている、とても人気のある歌手です。

その名はコロンビアだけでなく、世界中に知れ渡っています。

 

また、一部では、彼女が「レゲトンの女王」なのではないかと言われています。

実際には、彼女ではなくイビー・クイーン(Ivy queen)がレゲトンの女王なのですが、レゲトンの女王ではないかと言われていることから、カロルGがどれだけ実力と影響力があり、人気で有名なのかが分かりますよね。

 

生い立ちについて紹介!

次に、カロルGの生い立ちについて見ていきましょう。

 

カロルGは1991年2月14日、コロンビアのメデジンでカロリーナ・ヒラルド・ナバロ(Carolina Giraldo Navarro)として生まれました。

ちなみに、カロルGというアーティスト名は、本名カロリーナ(Carolina)の短縮形と苗字の頭文字を融合させたものです。

 

カロルGは5歳の頃から音楽のレッスンを受け、その時に自分に作曲と歌の才能があることに気づきました。

また、彼女はカラサンズ(Calasanz)女子校に通ったり、アンティオキア(Universidad de Antioquia)大学で音楽を学んだりしました。

 

さらに、15歳になると、リアリティ番組として有名なXファクターに参加し、敗れはしたものの、番組の視聴者に知られ始めました。

それがフラミンゴ・レコード・コロンビアの目に留まり、1年間のレコード契約を結ぶことになったそうです。

 

2010年には、コロンビアの有名なレゲトン歌手である、レイコン(Reykon)のバックボーカルを務め、その1年後には「トゥ・フゲテ(Tu juguete)」や「301」などのシングルでレイコンとコラボし、歌手としてのキャリアを積み重ねました。

 

カロルGは2010年以降もどんどんその活動の幅を広げていきました。

その実力はコロンビアだけでなく、世界で認められるものになりました。

 

実際に、2018年のラテン・グラミー賞ではシングル「トゥサ(Tusa)」で最優秀新人賞をし、2021年には「ビチョータ(Bichota)」が最優秀レゲトン・パフォーマンス賞を受賞しています。

 

この他にも、彼女はたくさんの賞を受賞しており、2020年には12以上の賞も受賞しています。

 



カロルGは父親から影響を受けて音楽家になった!?

カロルGの父親である、音楽家のギジェルモ・ジラルド(Guillermo Giraldo)は、彼女は音楽を愛するという意味で、彼女が最も影響を受けた人物であるといえます。

彼は、娘がキャリアをスタートさせた当初からサポートし、プロとしての一歩一歩に寄り添い続けているそうです。

 

また、彼はパパG(papá G)という呼び名でも知られており、現在はカロルGのマネージャーも兼ねています。

 

コロンビアの有名歌手「J・バルビン」との関係性とは?

カロルGの親しい友人といえば、コロンビア出身の歌手、Jバルビン(J.Balvin)でしょう。

これは、2人のアーティストのインスタグラムを少し見るだけで、その親密な関係性に気づくことができますよね。

 

この関係性はカロルGが15歳の時に、Jバルビンと友達になり、一緒に仕事をするようになったことがきっかけだといえます。

それはまるで兄弟のような関係性で今日まで続いています。

 

カロルGはアヌエルAAと交際していた!?

芸能界で話題になっていることのひとつとして、カロルGとアニュエルAA(Anual AA)の関係性が挙げられます。

 

彼女は2018年末に、ミュージックビデオでアヌエルAAとの交際を公言しました。

約3年の交際の末、二人は別れてしまい、これは彼らを応援していたフォロワーにとっては、辛い出来事だったようです。

 

ちなみに、ふたりがコラボして歌っている曲もありますよ。

 

おすすめ曲を3曲紹介!

カロルGの代表曲といえば、先ほど紹介したトゥサ(Tusa)ビチョータ(Bichota)だといえます。

これらは、世界中で聞かれており、レゲトン界の中でもとても有名な曲だといえます。

 

ですが、ここではあえて代表曲ではなく、おすすめ曲を3曲紹介したいと思います。

というのも、カロルGの代表曲はレゲトンが好きな方であれば、既にご存知だと思うので・・・。

 

ベビシータ(Bebisita)

最初におすすめする曲は、ベビシータ(Bebisita)です。

 

この曲は、歌詞が流れるように歌われているのが特徴的ですよね。

個人的には、この歌い方こそがカロルGらしさを強調させていると思います。

 



リコス・ベソス(Ricos Besos)

次におすすめする曲はリコス・ベソス(Ricos Besos)といい、これは、スペイン語で「素敵なキス」というニュアンスがあります。

 

 

この曲のおすすめポイントは、レゲトン特有のリズムとカロルGの優しい歌声がマッチしているところです。

ノリノリすぎないこのレゲトンは、レゲトンなのにもかかわらずどこか癒されるのでおすすめです。

 

グラシアス・ア・ティ(Gracias a Ti)

最後におすすめする曲はグラシアス・ア・ティ(Gracias a Ti)です。

この曲名はスペイン語で「ありがとう」という意味があります。

 

 

カロルGが歌う曲はレゲトンがほとんどですが、この曲はレゲトン感が全くないため、通常のカロルGの曲とは違う雰囲気がある点がおすすめです。

この曲はおそらくバラードでしょう。

 

まとめ

カロルGはレゲトン界でとても有名なコロンビア人歌手で、コロンビア国内ではもちろん、世界中で聞かれているアーティストです。

さまざまな賞を受賞しているということからも、彼女がいかに有名で実力のある歌手なのか分かりますよね。

 

同じく、レゲトン界で有名な歌手といえば、ドン・オマール(Don Omar)が挙げられます。

興味のある方はドン・オマールについての記事も覗いて見てくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました