スポンサーリンク
ワルツ(Vals)

ペルーのワルツ(バルス・ペルアノ)の名曲を7曲紹介してみた!

バルス・ペルアノは「ペルーのワルツ」のことを指しており、これはヨーロッパのワルツより少しラテン音楽感のあるワルツです。そこで、今回はギターの美しい音色が特徴的なバルス・ペルアノの名曲を7曲紹介しました。
ワルツ(Vals)

中南米でワルツは「バルス」として親しまれている!? 中南米のワルツを紹介!

中南米(スペイン語圏)でワルツは「バルス」と呼ばれ親しまれています。ペルー、メキシコやベネズエラなどで特によく聞かれており、それぞれ異なる特徴があります。そこで、今回は中南米「バルス」について紹介しました。
ワルツ(Vals)

今更聞けない! ワルツとはどんな音楽? 【 オーストリア発祥の音楽&ダンス】

ワルツはオーストリアで生まれた音楽&ダンスです。この音楽の1番の特徴は3/4拍子で演奏されるということでしょう。また、ワルツは南米でも「バルス(Vals)」として知られており、聴かれています。
レゲトン(Reggaeton)

【超有名レゲトン歌手】カロルGについて詳しく解説してみた!

カロルGはとても有名なレゲトンアーティストです。彼女の曲はコロンビアではもちろん、世界中で聞かれています。さまざま賞を受賞しているということからも、カロルGがいかに実力のある歌手なのか分かりますね。
レゲトン(Reggaeton)

「ドン・オマール」って誰? 絶対知っておくべき有名レゲトン歌手について紹介!

ドン・オマールはプエルトリコ人の歌手で、レゲトンを中心とし、サルサ、バチャータやメレンゲなどを歌っています。彼は「レゲトンの王様」なのではないか、と言われるほど実力のあるアーティストです。ちなみに、厳密には彼は「レゲトンの王様」ではありません。
ガト(Gato)

ガトのおすすめ曲を5曲紹介!【アルゼンチンの生きたフォルクローレ】

ガトはアルゼンチンを代表する民族音楽・舞踊ジャンルのひとつで、「生きた音楽・生きた舞踊」だとされています。これはノリノリすぎず、静かすぎない、癒される音楽なため、とてもおすすめですよ。
ガト(Gato)

触らないペアダンス!?アルゼンチン音楽「ガト」について丁寧に解説してみた!

ガトはアルゼンチンを代表する民族音楽・舞踊のひとつで、クレオール音楽・ダンスでもあります。これは、お互いを触らないという少し珍しいペアダンスで、ワルツのように3ステップで踊られるのが特徴的です。
チャマリータ(Chamarrita)

チャマリータのおすすめ曲を3曲紹介!ゆっくりだけど、楽しげなリズム!?

チャマリータ / シャマリータはポルトガル発祥の音楽です。これは、ブラジル、アルゼンチンやウルグアイへ広がり、これらの地域でも聴かれています。ゆっくりめですが、楽しげなリズムなため、おすすめです。
チャマリータ(Chamarrita)

ポルトガルから南米へと渡った音楽「チャマリータ」について解説してみた!

チャマリータはポルトガルを起源とする音楽ジャンルで、これはブラジルに渡り、アルゼンチンやウルグアイにも渡りました。チャマリータはゆっくりなリズムですが、踊りは陽気で楽しげなものですよ。
ワイニョ(Huayño)

バリーチャって何?世界的にも有名なペルーの賛美歌について紹介!

バリーチャは赤くて可愛い衣装が特徴的なペルーの曲です。これは、ワイニョのリズムで演奏されており、クスコの人々たちへの賛美歌だともされています。バレリアナという女性をテーマにしたこの曲はとても美しいですよ。