チリクエカのおすすめ曲を3曲紹介!まるでヨーロッパ風音楽!?

Cueca クエカ(Cueca)

こんにちは、Ponmigo(ポンミーゴ)です。

今回はクエカ・チレーナ(Cueca Chilena)のおすすめ曲を3曲紹介します。

 

クエカとは?簡単に紹介!

クエカのおすすめ曲を紹介する前に、クエカとは何かということを簡単に説明しますね。

 

クエカ(Cueca)とは南米の音楽&ダンスで、アルゼンチン、ボリビア、チリなどで伝統的に踊られています。

 

そして、おそらく推測できると思いますが、「クエカ・チレーナ」というのは、その名の通り、「チリのクエカ」のことを指しています。

 

では、クエカ・チレーナのおすすめ曲を見ていきましょう。

 

おすすめ曲を3曲紹介!

エサ・チキージャ・ケ・バイラ(Esa Chiquilla Que Baila)

はじめにおすすめするクエカ・チレーナの曲はエサ・チキージャ・ケ・バイラ(Esa Chiquilla Que Baila)といい、ロス・アミーゴス・デ・ロイカ(Los Amigos de Loica)により演奏されています。

また、この曲名はスペイン語で「踊る、あの小さな女の子」という意味があります。

 

この曲の冒頭の部分は若干の違いはあるものの、マリネラ(Marinera)ランチェラ(Ranchera)を連想させるリズムで演奏されています。

 

 

この曲のおすすめポイントはやはり落ち着いた歌声だといえます。声が高すぎず低すぎず、聴きやすいですよね。



ラ・ロサ・コン・エル・クラベル(La Rosa con El Clavel )

次におすすめするクエカ・チレーナの曲はラ・ロサ・コン・エル・クラベル(La Rosa con El Clavel)といい、コンフント・ティエラ・チレーナ(Conjunto Tierra Chilena)というグループにより演奏されています。

 

この曲は美しいハーモニーとなっている点がおすすめです。

 

ちなみに、曲名である、「ラ・ロサ・コン・エル・クラベル(La Rosa con El Clavel)」はスペイン語で「カーネーション付きのバラ」というようなニュアンスがあります。

 

エル・グアトン・ロジョラ(El Guatón Loyola)

最後に紹介するクエカ・チレーナの曲はエル・グアトン・ロジョラ(El Guatón Loyola)といい、ロス・ヘルマノス・ラゴス(Los Hermanos Lagos)により演奏されています。

 

 

この曲は少しワルツのような雰囲気がありますね。

なので、ラテン音楽の中でも、よりヨーロッパ風な音楽が好きな方にはおすすめな一曲です。

 

ちなみに、ロス・ヘルマノス・ラゴス(Los Hermanos Lagos)はクエカだけではなく、ランチェラ(Ranchera)も演奏しているそうです。

 

まとめ チリクエカはヨーロッパ風の音楽!?

いかがでしたか?

今回の記事では、クエカ・チレーナのおすすめ曲を紹介させていただきました。

 

クエカ・チレーナはクエカ・ボリビアーナと比べると、ヨーロッパ風の音楽に聴こえますよね。

なので、、ヨーロッパ風の音楽が好きな方にはクエカ・チレーナ、よりアンデス音楽が好きな方にはクエカ・ボリビアーナをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました